「未分類」カテゴリーアーカイブ

転売ビジネス概要とせどりの種類

せどりという言葉は本来古書業界の用語で、本の転売に本来は限定された言葉です。

しかし現在では転売ビジネス全般のことを指すようになり主にネット通販サイトと、オークションやフリマアプリを利用して行われているもので副業として始める人もいます。

転売ビジネスは値段をつり上げて儲けているだけの仕組み感じますが、せどりにおいて価格差を生み利益を出す仕組みには幾つかの方法があり、中古品の目利きであることが条件です。

販売の流れにより一口にせどりといっても幾つかの種類があり実店舗せどりは、インターネットを通じてではなく商品を実店舗で仕入れるせどりで仕入れ先は様々です。

メリットは本業と副業に関わらずライバルとの差をつけることが可能です。ただ近くに店舗が少ない地方などの場合は不利ですが、都市部であれば強みの地域と店舗のみの激安価格またはレア商品などを見つけやすいことが挙げられます。

逆に実店舗ではなくネットだけで仕入れをするせどりが電脳せどりといわれるものです。どこに住んでいても条件がこの場合は同じとなり、その分ライバルも多く価格差も出しにくいという特徴があります。

電脳せどりの場合はかなりの範囲で仕入先の選択肢が、実店舗と比較して広がるため沢山のビジネスがアイデア次第で可能です。商品が売れてから仕入れるという特殊なせどりが無在庫せどりです。在庫が無い状態で販売することはせどりに限らず一般的な方法です。

そのため無在庫NGなどというルールのあるサイトでの販売ではない場合、特商法の詐欺罪などに抵触することがないため全く問題ありません。そもそもの価格設定を間違えている状態でヤフオクとメルカリや中古ショップなどで、実際は市場価格がもっと高いのに安く販売されている状態のものを探し仕入れることが必要です。

主に希少価値の高い古本とフィギュアや骨董品などの転売がこれにあたり、リペアなどを行い価格をつり上げるということもあります。またセールなどを利用し安価で仕入れ、普通価格で期間終了後に転売するという方法もあります。

利益となるのはセールとポイントなどで安くなった金額分です。なお転売ビジネスは手数料がかかります。そのため利益は余程割引率が高くないと、発生させることが難しいともいえます。

発売からしばらくした後で価格が上昇する商品には、人気フィギュアの限定モデルなどがあります。利益となる部分は購入時の市場価格と販売時の市場価格の差となります。利益の得方が株と不動産の取引に似ているため、どの商品の価格が上昇するのかを読む目利きの能力が求められるといえるでしょう。

輸出と輸入により国による価格差を利用し利益を出すという方法もあります。日本より海外の通販サイトの方が、日本では入手しづらい海外製品の場合は殆どが安く売っています。一方海外からは日本の通販の方が海外で入手しづらい日本製品の場合は、安く売っているという現状があります。自動的に価格差のある商品を発見する、転売用の自動化ツールを使用し利益を出している販売者も多くいます。

商品により異様に価格が上昇することが起こる原因は、このような販売者が増加したためといえます。そして別の販売者が既に自動化ツールで利益上乗せした商品をさらに同ツールで、利益の上乗せを繰り返し価格が大変なことになるような状態を発生させます。

特商法の範囲内と思われますが相場より異様に高い出品を大手ショッピングサイトなどで、時々見かけることがあるのは多くはこれが原因といえるでしょう。

特商法の範囲内で詐欺ではありませんが、本当に価格をつり上げているだけといえます。自動化ツールにはこのようなマナーの悪い面もありますが、この方法を推奨する情報商材が利用者の口コミ欄など閲覧すると多く出回っていることが分かります。