動画で収入を得るためには

ユーチューバーなど動画を投稿して稼いでいるというような方も多いのではないでしょうか。動画をアップし、再生してもらったら広告収入を得ることができると思っている方も多いのですが、動画をユーチューブにアップして再生回数も増えているのに収入になる気配がない、そもそもどうやって報酬を受け取るのだろうかと疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。 実は動画をアップしただけでは報酬を得ることは出来ません。なぜならユーチューブは動画に広告を貼り、その広告を観てもらった報酬として受け取ることになるのですが、この広告は自分で申請を行なわなくてはいけないのです。更に、広告を載せてもいいという許可を得て初めて広告収入を得るチャンスが巡ってきます。 しかし、この広告許可を得て収益化するためには、チャンネル登録者が千人以上であることや過去一年間のチャンネル総再生数が4千時間以上であることが条件として出されます。そのため、始めは収益のない状態で動画をアップしていき、まずは再生回数と登録者を規定の数字まで高めなくてはいけません。この条件をクリアして初めて動画で収益を得ることが出来るチャンスを与えてもらえるということになります。 しかし、たとえチャンネル登録者数が多くても、サイトが広告主としてふさわしくないと評価されてしまうと、収益の許可がおりない可能性もありますので、注意が必要です。収益の許可が出たら広告を貼り付けて、後は動画回数が増えるように、工夫を行うことが大切です。すでに千人以上の登録者がいるのであれば動画に投稿に関しての基礎は出来ているとも言えますが、もっと回数を増やすためには他の動画との差別化を図ることが大切です。また、登録者がみたいと思う動画をリサーチするということも大切です。コメント欄を活用してどのような動画を観たいのかを直接聞いて視聴者の声を取り入れてみたり、動画に過去の動画を紹介するエンドカードを作るのもお薦めです。 エンドカードは他の動画のリンクを貼り付けることができますので、過去の動画を紹介して、収益にならない時代にアップした動画の再生回数を増やす目的もあります。一つの動画をアップしたらそれで終わりではなく、動画は観られることで過去のものも最新のものも収益にすることができますので、過去の動画もしっかりとアピールすることが大切になります。動画で収入を得るためにはまずは登録者を増やすことを目標にすることが大切です。