アフィリエイト記事の文字数・文章構成

アフィリエイトの報酬を得るためにはサイトを訪れた人にアクションを起こしてもらう必要があり、アクションを起こしてもらうためにはサイトに多くの人を集める必要があります。サイトに多くの人を集めるためには、検索結果上位に表示される必要があり、そのためには検索エンジンからの評価をもらう必要があります。
検索エンジンの評価はサイトの情報量や累計PVなどによって決まります。つまり、ページ数を増やす必要があるのです。
しかし、内容のないページばかり作っていると低品質なサイトとみなされてペナルティを受ける可能性があります。
そこで、ある程度の情報量がある記事を書いていく必要があるのですが、1記事あたり何文字にして、どのような文章構成にしたらよいのでしょうか。

1記事の文字数

「文字数が多いと読むのが嫌になってしまう」「文字数が多いほど読者は満足する」など、1記事あたりの文字数についての意見はいろいろとあります。
「何文字なら検索エンジンの評価が上がる」「読者が満足する」といった明確な数字はありません。どのような年齢層、性別、趣味、特徴を持った人をターゲットにしているのか、どういった情報を発信しているのかによって、適切な文字数は変わってきます。
必要なことは、キーワードを適度に記事内に盛り込むことと、読者目線に立って読者に役立つ情報を発信していくことです。
しかし、これでは何文字の記事を書いたらいいのか困ってしまうことでしょう。
目安は2000文字です。読者が満足するほどの情報量を記事に盛り込むためには、2000文字程度が必要です。情報量を多くすれば、必然的に文字数は多くなります。あまりにも文字数が多いと読者は読むことが嫌になってしまいますが、2000文字程度なら無理せずに読める文字量といわれています。

文章の構成

読みやすい記事を作るためには文章の構成を考える必要があります。
基本的には、リード文、各段落、まとめの文章構成です。
リード文には、この記事では何を伝えているのか、どんな読者をターゲットにしているのかを示す役割があります。リード文を読むことで、読者は次に書かれる内容に期待を持ち、安心して読むことができます。
各段落の小見出しには、キーワードを入れるようにします。キーワードを入れることで「誰に向けた情報なのか」読者に伝わり、読者は安心して読み進めることができます。また、小見出しにキーワードを入れると、検索エンジンが「このキーワードについて書いた記事」だと判断しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です